目標に数を入れても苦しくならない方法

あなたは

「目標に数を入れること」

に抵抗を覚えますか?
たとえば、

「月30万円を目指す!」
「三ヶ月以内に達成する!」
「300人を集める!」

などを行うと
ドキドキしますか?
抵抗を覚えますか?

数を明確にするかしないかというのは
札幌から東京に行くのにあたり
「南南西の方角に行こう」とするのと
「新宿ハチ公前に行く」と決めること
くらいの差があります。

実は目標に数を入れると
目標が明確になり
定まるので
歩む力も
向かう力も
強まります。

できる人たちは
上手に目標に数を入れつつ
苦しい想いはしません。

数を上手に使いこなしつつ
数に飲み込まれない。

今日は
どのようにしたら、
苦しまずに
数を明確にした目標を目指せるのか、
について書きます。

===================

目標に数を入れて
苦しむ理由は大きく二つです。
①義務にしてしまう。
②数を見て人を見なくなりそう。

これ、出来る人は両方とも上手に避けて
目標に数を使うことができるんです。

順番に説明していきますね。

①義務にしてしまう。
「300人を集客する」を
義務にしてしまうと
苦しむと思います。

では、義務にしなければどうなりますか?
たとえば、

「300人を目指す!(できなかったらそれでもいーや。)」

この

(できなかったらそれでもいーや。)

が重要です。

【できなかったらそれでもいいやー。】

くらいの気持ちで
目標を立ててしまえば
良いのです。

あなたが目標を達成しなくっても
周囲の人は
本人にデメリットがない限り
気にもしません。

あなたのことを
いつでも気にしている訳では
ないからです。

あなたは
周りの人の目標の数まで
把握していますか?

おそらく多くの人が
把握していないでしょう。

では、あなたが
とてつもなく特別な人でない限り
周りもあなたの目標なんて
気にしていません。

周りの人にデメリットがない目標で

「目標を達成しなければ、無責任って思われちゃう!」

と思ってしまうということは、
すこし自意識過剰に
なっているかもしれません。

②数を見て人を見なくなりそう。

数を意識しすぎるあまり
人を見なくなる人たちがいます。

今までの社会は
数をノルマ(義務)にして
強引に人を動かしてきました。

プレッシャーをかけられるから
徐々に数に固執して
人を見なくなる。

そうなんです。
実は問題は、

「プレッシャー→固執」

という部分なんです。
数ではありません。

「数を目標にすること」には
「明確にする力」だけが
存在しています。

人を無視させる力は
実は存在していません。

明確になった目標に対して
プレッシャーをかけられると
人はそれを達成しなければ大変だ!と
思い込みます。

そのあとのプレッシャーが
人を無視させているんです。

数を目標にして
人も大切にして
行動していけば
良いだけです。

両方とも大切にしないと
はじめはよくても、
そのうち目標を
達成できなりますしね。

ちなみに、私のプロセスをご紹介!

数を入れた目標を立てて
それに向かっていく。

最初は自分に
その目標を慣れるまで
大きな声で音読し
しっかりとすり込んで
どうしたら達成できるか
考えて
行動します。

で、一定期間したら
忘れます。

どうでもよくなってくる。笑

三年後に思い出した頃には
達成されていたりします。

【数を入れた目標の上手な立て方】
・義務にしない。いつでも放り投げて良い。
・人の心も同時に大切にする
・最初の一ヶ月位はしっかりと目標を自分に擦り込む
・三ヶ月位はどうやったら達成されるのか必死で考える。
・半年くらいしたら忘れる。笑
(期間は、達成に3年くらいかかる目標の場合)

昨日から、
星周りは

【具体的に形にすることに向かっていく】

という星周りです。

ぜひ、

「3年で月30万稼げるようになる」

など、
しっかりと数で目標を立ててみてください。

※目標を立てたら、ぜひシェアして宣言してください♫
(コメントでもいいし、内緒にしておきたい人はメッセージで!)

※他の理由で苦しんでいる方は教えてくださいね♫
答えられるものには答えていこうと思います◎

※必要な人に伝わるようにぜひシェアしてください!

12313629_616904331781586_8084113705462060953_n

コメントを残す

このページの先頭へ