第一講座 日本の学校では教えない「ありのままの太陽系の姿」②

このページは、ふたつめの動画講座で

ボランティア講座「星と心がつながる講座」
第一講座 日本の学校では教えない「ありのままの太陽系の姿」②

です。

 

自分の人生を歩むことと調和することについて話します。

 

※ボランティア講座受講生に向けて、
講座配信から期間限定で公開されます♫

 

こちらをご覧ください。(約16分)
ちなみに、下に出てくる文字だけのオオガキさんは森野さんとは別人格という設定ですよーヽ(*´∀`)ノ

 

ss--ブログ用


コメントもお願いします♫

 

今回コメントしてほしい内容
①この講座に対する疑問
②次の講座(新しい星読みと今までの星読みの違い)の内容で知りたいこと
ツッコミなどもコメント欄でお願いします♪
(もちろんコメントしなくてもOKです♪)

671 件のコメント “第一講座 日本の学校では教えない「ありのままの太陽系の姿」②”

  1. さとりえ より より:

    コメントが動画配信後になってしまいましたが、第2回講座についてです。
    太陽系の惑星達は、太陽を取り巻く星々ということで、第1回の太陽系が進み続けているというイメージから、太陽はまっすぐにブレずに直進しているイメージを連想していました。
    でも今回の学びでは、他の惑星達と影響され、影響を与えながら歩み続けていることがわかり、私たちと同じなんだな〜と感じました。
    星達は相互に影響を与えあっていることを知っているかいないかは分かりませんが、私たちは「知る」ことができます。
    そこが私たちが分かっておきたい大事なことなのだと思いました。

    第3回も楽しみにしています(^-^)

    • ヘリオん ヘリオん より:

      >私たちは「知る」ことができます。  
       
      この感覚は、とても大切ですね。 
       
      この講座をとおして、さとりえさんが
      さらに自分らしく心地よく生きる道を歩む
      ヒントになっていくとうれしいです。 
       
      次回もどうぞお楽しみに(^^)/

  2. ゆうこ より:

    私はこうの動画を見せてもらって、本当の自分の気持ちをずっと表に出せずに自分の心の深い部分に辛さや苦しみとなっていて残っていたことに気がつきました。

    私は人の思いを感じ取ってしまったり他の人が見たり感じたりしない人の思いに気づいてしまうことで、自分の思いよりも人の気持ちを優先してして生きていくことになってしまった原因ででもあります。

    ある意味そんな風に見たり感じ取ってしまってしまう自分のことを怖がり、本当の自分の思いと感情にだすこと、優先することがずっと怖くって出せなかったのだと思います。

    この動画を見た後の夜にずっと私の中で出すことができなかった思いや感情に気づくことができ、やっと出し感じることができました。
    両親と一緒にいることが私にとって辛くって苦しいことだったのですが、それは私の中にある辛くって苦しい思いが両親を通してずっと表に出したい気づいて欲しいっていうことでそんな風に感じていたことだとわかりました。
    両親に感じていた思いは私の中にあった思いだったことに気づき、感じたく思いを感じてしまうのは両親のせいだと思い込んでいましたが、それは自分の思いであったということがわかりました。

    この動画を見させてもらってこのような気づきや感情の解放があったことで、思い込むや出すことができない思いを抱えていたまま生きていると同じところにずっと堂々巡りしているように感じたり見えたりしてしまうのではないかと思いました。
    でも、本当は思い込みがあっても同じところに留まっているように思っているだけであって本当はスパイラルの流れでお互いに影響しあったり、感じあったりしていているのではないかと。
    ただそのことが思い込みや抱えている感情があり過ぎるとそのことにさえ気づかずに生きてしまっているのではないかと感じました。

    人の関わりの中で自分では気づかないことに気づかれ、お互いがお互いらしく生きていくためにこの世界があるのではないかと感じています。

    いろんな気づきを与えてくださったこと感謝します。
    ありがとうございます。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      コメントありがとうございます。 
       
      いろいろな気づきがあったようですね。 
       
      自分の思いを大切にしながら
      スパイラルしながら心地よく生きていく
      ゆうこさんの道、さらに探求していってくださいね^^ 
       

  3. ゆっしい より:

    自分の割合はよくわかりませんが、
    自分らしく生きられたら、楽に生きられるんだなと思いました。
    そのために星読みという手段があったりして、知ることが出来て有難いです。これから三回目と楽しみです。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      >自分らしく生きられたら、楽に生きられるんだな 
       
      そうですね。
      ほんとうに、その通りだと思います◎ 
       
      さらに、自分らしく生きる道、探求していってくださいね^^ 
       
      次回もどうぞお楽しみに(^^)/

  4. Nanao より:

    初めまして。
    Nanaoと申します。
    今回の動画も初めて知る話ばかりでした。
    太陽は、自分より大きい存在に影響を受けるのですね。
    日本は、従順な労働者になるよう教育、植民地支配が禁止される中、アメリカが日本を支配下に置くための工夫?GHQの策略?のひとつに・・・日本のような学校の仕組みがある・・と、昨日、知りました。
    それ自体も、宇宙が何かを学ばせる為に起きたとしたら、、、と、考えさせられる動画でした。
    学びが深かったです。ありがとうございました。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      太陽はとても大きいのですが、他の惑星の引力など
      環境からの影響も受けているということですね^^ 
       
      太陽系の世界観、これからさらに伝えていきますね。
      次回もどうぞお楽しみに(^^)/

  5. ひーさん より:

    太陽事態も他の惑星から影響受けている、ということが一番印象に残りました。

    疑問点は「ゴールの設定が違う」って話でしたが、このゴールというのは進み方のことだと思ってていいですか?それとも太陽系が向かっている先(たどり着く場所)でしょうか?

    次回以降は、そもそも星読みが具体的に何を知る方法でどう活用するものなのかを徐々に教わることが出来きればいいなぁと期待しています。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      >このゴールというのは進み方のことだと思ってていいですか?

      そうですね^^
      自分が向かって行く、目指す姿といった感じでしょうか。 
      伝わりますか? 

      これからの講座もどうぞお楽しみに(^^)/
       

  6. Rur より:

    影響の仕分け、という言葉が心に残りました。
    他の人の意見はきになるけど聞きたくないし取り入れたくないと正直思うことが多いです。頭から自分が否定されたように感じて悲しくなったり怒りを覚えたりしてしまうから。自分の心地よい割合、どうやったら見つけられるでしょう。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      うんうん。
      「仕分け」とっても大事ですよね。 
       
      >他の人の意見はきになるけど聞きたくないし取り入れたくないと正直思うことが多いです。 
       
      この感覚、自分で気づいているところがすばらしいですね◎ 
       
      このコメントから、きっと、自分の感覚、自分独自の意見に 
      今以上にもっと耳を傾けていいんじゃないかな?
      って、ヘリオんは感じましたよー^^  
       
      参考になると、嬉しいです◎

  7. ササキ より:

    まさにこれから最新版の星読みを教えてもらえるわけですね!
    ありがとうございます。
    今回も中々自分には真新しい内容でした。
    まず太陽の中心が真ん中じゃいところ…ブレていいんですね。あと木星はあともう少し大きければ太陽のようだったこと…
    太陽みたいのがもう一個なくてよかったーと思いました。
    そして全部影響し合いながら進んでいること。
    なので星を読まなきゃいけないし、太陽系からの教えもあるわけですね。ということは私たち一人ひとりの思いのようなものも影響しているということでしょうか?だからワクワクしてポジティブにした方がいいとよく言われるのはそういうこと?

    割合ですが、今の自分はその時々により違うかもしれません。意識しないでただ生活にのめり込むと家族に引っかき回され怒りまくり、、、時に9:1。主人に怒っている時はあまり意見を言う方ではないので3:7でも、すごく母親的になっている時も3:7?

    • ヘリオん ヘリオん より:

      コメントありがとうございます◎ 
       
      いい感じで、こういうことかな?それとも???
      と、いろんなアイディアが出てきているのが
      とってもいい感じだなーって感じます。 
       
      正解にすぐにたどりつくことよりも、こうやって
      振り返りながら検証していくことがとても大切だと
      ヘリオんは感じています。 
       
      一緒にトコトコ歩んでいきましょうねー(^^)/

  8. yukio より:

    森野さん、こんにちは。
    第二回目の講座も楽しく学習しました。

    ①この講座に対する疑問・・・実際にホロスコープを見て内容を読んでいくような内容の講座は今後どのあたりでしょうか?

    ②第二回目の講座で出てきた方の具体例が面白く、分かりやすかったです。
    今までの星読み自体よくわかりませんので、新しい星読みとの違いは理解できるかどうかわかりませんが、第三回の講座も楽しみに待っています。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      この講座は第1~第4講座まであり
      個人の星を読みとくのは、第3講座でやりますよ^^ 
       
      それまで、基礎的な概念やワークなどをやっていくので
      楽しみにお待ちくださいね♪ 
       
      次回もどうぞお楽しみに(^^)/

  9. PoNSo! より:

    疑問、2点。
    1.この正しい太陽系観を知ったとして、人はみんな太陽のイメージ(太陽になりきる)で良いんでしょうか?惑星とか衛星のような人はいないんでしょうか?
    2.ゴールの違い、というワードが出ましたがゴールってなんでしょう?ゴールと表現した意味が分かりませんでした。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      コメントありがとうございます◎ 
       
      そうですねー 
      太陽系の大きな流れの中で、自分はこのポジションだなと
      感じる人もいると思いますよ◎ 
       
      ゴールは目指す姿、みないな感じでしょうか? 
       
      もしよかったら、時間のあるときに
      何度か動画を見てみてくださいね^^ 
       
      繰り返し見ることで、理解は深まっていくと
      ヘリオんは感じますよー(^^)/

  10. kyo より:

    星読みの講座、ありがとうございます。
    これ本当に凄いと思います。
    同時進行なんです。

    2回目の動画を見て、最初はどこか腑に落ちない感じで、でもコメントしたんですが、内容が自分の人生で今起こっているいることに結びつかないそんな感じだったんです。

    動画を2回、3回と見た後、はっと気が付きました。
    私の人生でつまずいてるピンポイントだって。
    私は人(特に強い人)の影響を受けたくなくて、その結果として人間関係を狭めて孤立しつつあるってことに、はっと気ずきました。多分そういった人達を拒絶して自分を確立しようとしてきたたんだと思います。
    最近では、そういう強いけど素敵に生きている人たちが、私から離れたり、相手から離れたり、人と繋がらないのを感じていました。このままいったら、今一人暮らしだし、パートナーほしくてもいないし、絶対孤独に人と分かち合いもできない状況になるって、どこかでそんな危機感を感じながらいました。
    私は割合がジャイアン8~9割で調和が1~2割かもしれません。
    この機会に、周りと調和しながら自分を確立して生きたいと強く思います。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      >動画を2回、3回と見た後、はっと気が付きました。
      >私の人生でつまずいてるピンポイントだって。 
       
      そうなんですね。 
       
      深い気づきにつながって、よかったです◎ 
       
      ご自身の進む方向がはっきり自覚できたことが
      とてもよかったなーって感じます。 
       
      さらに探求していってくださいね♪

  11. よし より:

    結局はありのままの自分でOKじゃない?って思いました。

    すべては学びなんだな~と思いました。

    人間関係で悩んでいるより、人間関係を学んでるとき。

    伝えたい星読みって、何だろう?って思いました。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      >結局はありのままの自分でOKじゃない?って思いました。 
       
      ホントにそうですね^^ 
      その「ありのままの自分」を知っていく道のりなんだと
      ヘリオんも思いますよー◎ 

コメントを残す

このページの先頭へ