第二講座おまけ動画

第二講座「ふりかえり星読みの講座」の
おまけ動画です。

 

当初の予定と変わって動画は二つに分かれています。
質問に答える形で進んでいきます。

 

質問を先に確認して
必要な部分だけ見たほうが良いかもしれません。

 

また、今まで語ってこなかった内容は
二つ目の動画にまとまっています。

質問は動画の下にあります。

 

ひとつめの動画で答える質問はこれです。

 

    1. いつも星たちはメッセージをくれていると思っています。
      開きや結びはそのメッセージが届きやすい、分かりやすい。
      そんな考え方は変ですか?(0:53)

 

    1. よく”上の人”とか”神様”とか天使とか守護霊とか
      いろいろな呼び方がありますが、
      それをぜーんぶまとめて”上”と”現場担当”
      という理解で合っていますか?(1:25)

 

    1. 縁ある星によって、現場担当の内容や役割は変わりますか?(2:05)

 

    1. ステキな現場担当になるためのポイントを教えてください。
      縁のある星によって変わりますか?
      それとも「星を感じる」ことができればOKなのでしょうか??(3:05)

 

    1. ある本に高次元の存在に身を委ねるとありました。
      信じきればすべてうまくいくというのがまだ理解できません。(5:50)

 

    1. 先日の金星と土星の結びで何も感じられませんでした。
      妄想も膨らませてみましたが…やっぱりだめでした。
      星の結び・開きの影響がわかるようになるのか、不安です。(7:00)

 

    1. 海外在住で時差がある場合は、
      資料に書いてある結びや開きの日時を
      日本時間に合わせれば良いですか?(8:03)

 

    1. 日本にいないとき、会合の時間のほかに
      調整することはありますか?(8:35)

     

    ふたつめの動画では、この質問に答えます。

    「天王星と火星に縁のあるかわいい子」の話についての質問です。

    その子がステキな女性に出会えたのは
    森野さんがセッションがきっかけなのですか?
    それとも、本人が星を感じたから
    自然とその女性に出会えたのでしょうか?

    質問などがあるかたはコメントしてくださーい◎

     

     

151 件のコメント “第二講座おまけ動画”

  1. 趣味 探求 より:

    おまけどうがありがとうございます! 人の 役割と分担や、先生と生徒のその後の関係についてなど、自分が経験してきた出来事で高い視点でそうなっちゃう方向…私が理解していたのと同じような理解していて、あ〜、私だけではなかったw と思いました。

    質問
    外国人の先生から学ぶ学びと、日本人の先生から学ぶ学びに違いを凄く感じる。 日本人の先生から学ぶと必ず全否定で締めくくられてそこの学びは終わりw 感覚で言うと、日本人の先生は、グループ、仲間意識、集団、団結、従いなどを無意識で求めてる。というより根強い何かあると感じる一方で外国人の先生は、グループ、集団を一時的なものと深い部分で理解をしていて、個を個のままの成長であるともしっかりと分かっている感じがするので、摩擦が起こることが一度もないw 一言で言えばクール!

    私の学びだから全否定されるような出来事は、私特有?の学びなのか?w

    もうてめぇでやれステージなのはわかってるけれど、私が感じてる外国人と日本人の先生の見えない世界に対するエネルギーの違いにびっくりします。ここに良し悪しのジャッジはないです。それぞれの役割があるのもわかります。でも、それって何だろう?と知りたい!知りたい!をもってます。 星と国の位置で何か変わるのかしら? 外国で生まれて、日本で育つという状況も星々はどう関わってるのかしら?

    ボランティア講座をやってくれて本当にありがとうございます!
    有意義な内容ばかりでなく楽しく分かりやすくやる!が伝わってきます♪ ありがとうごさいます!

  2. 笑未 より:

    2つめの動画は引き寄せの法則と照らし合わせるとよーくわかりました。

    ジャイアンの喩えとリンクするかもですが、私の人生の主役は私だけです。
    大きくも小さくも私の人生に関わってくる人たちは全て例外なく、私の目の前にあるスクリーンに出演してくれている脇役。
    私が私のスクリーンの中に入って脇役の人達と同列の働きをするということは、脇役の人達に主導権を渡してしまうということになる。
    常に自分軸の視点を確立することが肝要。

    同時に他の人達はそれぞれの人生の主役です。
    なので私は、私と関わってくれているそれぞれの人の人生の脇役です。
    そこを私が考えると、私の人生の主導権を相手に渡してしまうことになるので、私は自分軸だけに視点を置くようにしています。

    とはいえ、親や娘といった身内には振り回されることもしばしばですから、そんな時は極力会わないようにしています。

    星読講座で関わってくるクライアントさんも、私の人生から見ると例外なく脇役です。
    (ここのクライアントさんの人生から見ると私が脇役)

    1つめの動画に”素敵な現場担当”という言葉が出てきましたが、これはクライアントの人生の脇役に徹し助演女優賞を取るようなものだと思いました。

    最初の頃の動画で御土日古さんが自分と周りの割合の話をされていましたが、それは多分こういうことだと考えると自分の割合が高くなるのも納得できる。

    心と体、男性と女性、陰と陽、上と下、左と右…等々、全ての双極性とそのバランスだけでなく、私と他者、私と宇宙の関わり、もちろん私自身の中にも双極性があります。
    この講座は私と周囲の関係性や、私自身の中のスピリチュアルと生計感覚のバランスを取るためにソースエネルギーから与えられたものと感じています。

    ソースエネルギー、ハイヤーセルフ、神様、宇宙、エイブラハム、バシャール…呼び方は色々あり、厳密には同じものではないようですが、要するに私から見て、より高次元の存在であり、彼らは私達に興味を持ち続け、望むものを与えようとしているのですね。

    これは私なりの理解ですが、御土日古さんの講座で話される一つ一つの内容が、これらの中のピースとリンクしているように思えます。
    今まで体験してきたすべてのことが、ここに来て一つに集約されていく感覚。
    パズルのピースが一つ一つハマっていく…そんな感覚を味わっています。

  3. ami より:

     2つ目の動画で、森野さんが話されてた事は
    「期待しない」と言う意味を、わかりやすく説明して
    下さったように感じました。
    物事を決意する時に、人に依存するのではなく
    自分自身を信頼する。
    そして、リスクを負って自分の信じる方に向かって
    ただ進んで行く。
    その先で受け取るものが自分の想像してたものと違っても、
    それが、その時の自分に必要な物事だったり、
    想像よりずっと良かったり…

    おまけなのに、おまけじゃないおまけ動画
    これも、想像よりずっと良かったです!
    ありがとうございます。

コメントを残す

このページの先頭へ