第二講座「ふりかえり星読みの講座」④

このページは、やっつめの動画講座で

ボランティア講座「星と心がつながる講座」
第二講座 「ふりかえり星読みの講座」④

です。
※ボランティア講座受講生に向けて、講座配信から四日間だけ公開されます◎

こちらをご覧ください(約13分)

ss--ブログ用


動画の中で紹介しているふりかえり星読みのFBへの投稿です。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=765706306901387&set=a.133418653463492.24295.100003860758235&type=3

 

FBの記事が見れなかった方は、こちらへ。
(上と同じ内容です)

ふりかえり星読み11月6日

 

もっと私の動画を見たいと思ってくださるなら、
こちらから、ほかの動画を見ることができます♪
チャンネル登録をしてみてみてください。
Gmailアカウントなどを持っていたら出来ます◎

↓こちらから

ここたま(e-Heart)チャンネル

 

 

ぜひ、コメントお願いします♪
今回コメントしてほしい内容

①この講座に対する疑問
②次の講座(個人の星の読み解き)の内容で知りたいこと

 

 

 

392 件のコメント “第二講座「ふりかえり星読みの講座」④”

  1. natto より:

    8回目もありがとうございました。

    遅くなったけど、アウトプットは最後までやると決めてるので、
    コメント残します(^ー^)

    ①みんなが求めてるものを探して提供するのは、どんな仕事でも基本だから、
    思わず書きこみたくなる投稿は
    お金もかからず、すごくいいですね(笑)

    参加できる場、出来事を話せる場を
    確かにみんなが求めてて、

    共通するところを探したり
    違いを探したりすることが楽しいから
    FBやTwitterが盛り上がるんだろうな。

    同じ友達の繋がりのあるFBグループで、違う星読みさんがふりかえりを読んだりする状況は、ちょっとドキドキしそうだけど

    ②個人の星読み、楽しみです!

    生まれた時間、はっきりわからないから、
    母の記憶を何とか誘導して探らなくては(笑)

    これ、自分の生まれた頃のいろんな話を聞き出せるいい機会かな、と思ってます。

    自分の生まれた役割とか、
    おぼろげながらでも自分で読みといていけたら、めちゃめちゃ面白いですね~(*´∀`)

    家族とかも読んだら、お互いの関係が変化してくるかも。

    楽しみにしてます!

    ありがとうございました。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      >遅くなったけど、アウトプットは最後までやると決めてるので、
      >コメント残します(^ー^)

      この姿勢、すばらしいですね◎

      トコトコと歩みつづけられる方だなーと感じます^^

      アウトプットすることで、思考の整理も進み
      理解が深まっていくと思います。

      これからもぜひ、楽しみながら学んでいってください!

  2. るなこ より:

    今回も動画をありがとうございました。

    第三講座での質問です。
    出生時間がわからない人の場合なのですが、
    出生時間がわからない場合、MCやハウスもわかりませんよね?
    星の配置のみでどの程度のことがわかるのでしょうか?
    実は私の主人も時間がわからない人です・・・

    • ヘリオん ヘリオん より:

      出生時間がわからない人、いますよね^^

      正確な時間でなくても、朝とか夕方とか夜中とか
      だいたいの情報から、とりあえず仮の時間を設定して
      惑星配置図をだすような対応になると思います。

      数時間の差ならそれほど問題なく読めるので
      可能な範囲で情報を再確認してみてくださいね^^

  3. ミント より:

    地球での生き方教えて頂きたいです!地球をよくするために生まれてきた感覚私もあります。地球生きづらいので…
    星読みで生まれてきた意味、役割が分かればと思います☆

    • ヘリオん ヘリオん より:

      おぉ。その感覚があるんですね^^

      この講座で学んだこと、ぜひ人生に活かしていってください!
      応援していますよー(^^)/

  4. とし より:

    今回もありがとうございました。
    自分のやりたいことが見つかってる人もいて、うらやましいなと思いました。

    有料講座のほうも、連日の雪かきに追われ紹介ページを多少見れたくらいで、動画見れずに終わり、タイミングが合わないということは、私はまた別方向な人なのかなとも思ってます。
    考えても、自分に問うても、笑えるくらい何もしたくない、働きたくない、しかし何かはしたいがわからないとなり、自分のこの感覚がちょっと面白いです。
    あまりに、やる気なくて。笑

    星読みとアロマとか、石とかはできないけど、話したいとか、歴史と絡めたりはできそうかなと少し思いましたが、とりあえず雪やんで欲しいですわ…気力が保てない。笑

    • ヘリオん ヘリオん より:

      雪かき、大変ですよね^^

      学ぶタイミングってあると思います。

      ボランティア講座では、これからも
      人生のヒントになるような情報を伝えていくので
      ぜひ、としさんの人生に活かしていってくださいね◎

  5. nakako より:

    今回もありがとうございました!
    振り返り星読み、なんとなくこの出来事は星の影響かな〜は、多々ありますが森野さんのFBの投稿みたいに書けるようになるにはコツとかあるのでしょうか。
    妄想力の磨き方ってありますか?

    個人の星読み、興味深々です!
    楽しみにしています^ ^♪

  6. まっきい より:

    今回もありがとう御座います。

    集客苦手な人って私だけじゃないんだ~て、
    不覚にも安心してしてしまいました。
    でも、これを突破しての生計感覚なんですよね、きっと。
    自分と相性のいい客層というのはあるのでしょうか?
    そういうのも星読みでわかるのかな?

    振り返り星読みですが、自分の日常の出来事と
    星の結び開きとの関連性がいまひとつ結びつきません。
    無理やりな解釈になりそうで。

    (具体的には、水星と土星の開きの後、昔の職場の同僚と再会がありました)

    自分独自の解釈も今は思いつかないです…

    次回の講座では、自分が何がしかの役割を担って
    生まれたのかが、星読みからわかるのか、
    その為に星の影響があるのか?などなど知りたいです。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      ふりかえり星読みは、ウォーミングアップ的なワークなので
      今の時点でピンとこなくても、大丈夫ですよ^^

      相性のいい客層というのは、星周りで見るというよりも
      いろいろトライしてみて、お客さんの反応を見ながら
      自分でも思いもよらなかった意外なところがヒットする!
      というパターンが実際は多いです◎

      森野も、最初は女性に受けるとまったく思ってなかったけど
      実際は自分よりかなり年上の女性の役に立てるという反応だったので
      そのニーズに合ったサービスを創っていったという経歴があります。

      まだまだこれから伝えていくので、楽しみにしていてくださいね♪

  7. ランスタン より:

    今回もありがとうございます!
    賑わうところに自然とやってくる!というのはなんとなく分かってるのですが、賑わせることや注目されることにブロックをかけちゃってるのかストレートに受け取れきれない感じです。。。そういうのも星読みで見えて感じてきたりするといいなとも思いましたが、それは覚悟の問題ですかね^^;自問自答です。
    宇宙と仲良くなりたいので次回からも楽しみにしています。
    どうぞよろしくお願いいたします!

    • ヘリオん ヘリオん より:

      >賑わせることや注目されることにブロックをかけちゃってるのか
      >ストレートに受け取れきれない感じです。。。

      なるほどー
      この微妙な感覚を、自覚できてるって大切だと思います◎

      まぁ、やったことないことだし、そう感じても仕方ないと思いますよ^^

      ただ、集客の考え方や視点、そして技術を学んでいくことで
      そのあたりは乗り越えていけると思います!

      これからの講座も楽しみにしていてくださいね♪

  8. ゆか より:

    振り返り星読みーーー!!!

    FBとってもわかりやすかったです!
    私も思わず書き込みたくなる!

    けれど自分で振り返るとなると
    まずもってちんぷんかんぷん!

    各星の象徴?というのか‥
    それらが開くとどうなの?
    結ぶとどうなの?
    どの辺がどんな風に?
    いつかの講座を見逃しているのか?と思うほど‥⁈

    振り返り星読みは
    これは数多く触れていくしかないものなのでしょうか?

コメントを残す

このページの先頭へ