第二講座「ふりかえり星読みの講座」①

このページは、いつつめの動画講座で

ボランティア講座「星と心がつながる講座」
第二講座 「ふりかえり星読みの講座」①

です。

※ボランティア講座受講生に向けて、講座配信から七日間だけ公開されます◎

 

 

「三枚の紙」 はここです!

↓↓↓↓

 

まずは、動画内で紹介している【三つのプリント】です。
ダウンロードして印刷してください♪

会合のリスト
※リストのページに移動します

会合の意味・角度の意味

星の意味リスト

 

 

こちらをご覧ください(約16分)

ss--ブログ用


↑この動画は、短期間の掲載です。

 

 

 

おまけ動画(約11分)
「LOVEと生計感覚」

※なんだか動画がおおくて
見てくれている人の負担が
ふえてしまうなぁと思ったので
おまけ動画↓を見られる期間は
一ヶ月くらいにしておきました。

すぐ見なくても
また見ることができます。

さて、こちらはフォローアップ動画です。(約3分)

いつつめの動画では、ふりかえり星読みのワークを紹介しましたが
なにか新しいことを学ぶとき、身につけるコツについて話しています。

ぜひ、ワークの参考にしてくださいね♪

ss--ブログ用


↑この動画は、短期間の掲載です。

 

 

コメントもお願いします♪
今回コメントしてほしい内容

①この講座に対する疑問
②次の講座(ふりかえり星読みの解説)の内容で知りたいこと

 

 

 

47 件のコメント “第二講座「ふりかえり星読みの講座」①”

  1. yukiakari11 より:

    いつつめの動画、ありがとうございます。

    ふりかえり星読みで星とのつながりを意識できる方法 よくわかりました。

    まだ始まったばかりなので、とりあえず実践と思って、3枚の紙をダウンロード、手帳に書くは始めました。まだ書いてからアクションが起こるかもしれない日が来ていないので、今から楽しみです。
    私はこれまで細かい星の感覚は普段意識してよんだりはしていなかったですが、昔からどこか宇宙と繋がっているような感覚があるので、詳細を知るともっとはっきりといつもの感覚との違いもわかるのではないかと、ドキドキしています。

    星の意味や会合の意味や角度などはダウンロードしたもので何となくわかるのですが、それが個人個人どのように繋がっていくのかなどは今後の講座で教えていただけるのでしょうか??とても楽しみにしています。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      先ずは出来るところからコツコツと
      実践しながら深めていく事
      これを繰り返していく事で
      身についていきますよー
      是非楽しみながら積み重ねていきましょう
      深めていく中で感覚も変化していきますよー
      少し先になりますが
      第三講座で人それぞれの星との繋がりも
      しっかりキャッチできるように伝えていきますので
      今から楽しみにしていてくださいねー◎

  2. kaya より:

    ようやく見れるタイミングが来ました!
    ①ピークを過ぎた時間のあるときにふりかえりをしたらいいのでしょうか?
    表に乗っている日以降はどのように調べたら良いでしょうか?
    次の動画でお話されていたらすみません…
    ②次を見ます!

  3. 睡蓮 より:

    第二講座ありがとうございます。

    三つのプリントがダウンロード出来なくてすっかりほったらかしになってました。
    また機会があれば勉強させていただきたいと思います。
    ありがとうございました。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      そうだったんですねー
      ダウンロードは出来ましたかー?
      もし何かあればまたお知らせくださいねー^^

  4. いつも楽しく拝見させていただいてます。
    結びと開きのことで質問があります。
    ①結びと開きは、どのように調べればいいのですか。
    ②結びと開きは、その時間だけですか。それとも期間はあるのですか。
    例:2/8 23:45水星と海王星の結び→2/14 16:00金星と天王星の開き
    上記の場合は、2/3 23:45〜2/14 16:00まで水星と海王星の結びの時間と捉えていいのでしょうか。
    お忙しい中申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

    • ヘリオん ヘリオん より:

      結びと開きについての出し方や詳細は
      これから先の動画でしっかり説明していきますよー◎
      安心して深めていってくださいね^^

コメントを残す

このページの先頭へ